ボロボロになる前に死にたい

無気力ひとりごと 音楽が生きがい スピッツベルゲン10年目

あっちの世界とこっちの世界

こんばんはー。

睡眠の話です。

 

私は小学生の頃、よく金縛りにあってました。

たぶん3年生くらいの時なんですけども、あんまりにも毎日金縛りにあうので、寝るのが怖くて仕方がなかった。

小学生のくせに、深夜1時2時まで粘って起きてました。

前にも書いたんですけども、ばあちゃんはスナックやってたので、夜中に帰ってくるんです。

そんでばあちゃんと一緒に寝る。

ってパターンで暮らしてました。

 

中学生になっても、金縛りにあうことはまだありました。

だけど、気づいた。

夢の中で金縛りにあってる、って。

現実の世界じゃない。たぶん。

なんか、夢か現実かわからない事が多々ありまして、

 

  • 寝ようと目をつぶっていたら、ベッドが回転してどこだかわからない深い所に転落した。
  • 夜中に人の気配を感じて寝たふりをしたら、抱きかかえられて外に連れ出され、空を飛んだ。抱きかかえられたまま。

 

っていうのが印象に残ってるんです。

いや、夢じゃん!!って思うんだけど、体が落ちて行く感じとか、空から見た地元の夜景とか、空気の感じとか、生々しいんですよね。

まあ夢なんだと思うけど。

 

で、金縛りにあうのも生々しい。

苦しい、動かない、怖い、って思ってて、もうだめだ…。と思った所で目がさめる。

と思ったらそれもまた夢で…

っていうループが3回くらい続いて、やっと現実で目覚める。

気持ち悪いです。はい。

これは大人になった今でもたまにある。

 

で、最近体験したおもしろエピソードがありまして、

夢の中で寝ると、現実で起きるってことが何回かありました。

夢の中の私は、

うわ〜ちょっと待ってまだ寝たくない、もうちょっと待って〜」 

って抵抗しつつも睡魔に襲われて寝てしまう。

そうすると現実で目が覚める。

夢の中の私には夢の中の暮らしがあるみたい。

寝てる間はあっちの世界で暮らしてるんだな〜と思うとおもしろいです。

 

あと、眠りかけてるときまぶたに映像が出る事があって、これもおもしろい。

フルカラーで、色んなものがみえる。

見えてるものが何なのかはよくわからないんだけども。

本当にたまにしかないからなあ。

 

 

あ〜おもしろい。

脳内おかしいのかな?