ボロボロになる前に死にたい

無気力ひとりごと 音楽が生きがい スピッツベルゲン10年目

andymori

おはよーございます。

日曜日(*・ω・)ノ

 

andymori

わたしが大好きなバンドです。

アンディモリと読みます。

スリーピースバンド。

2007年結成、2014年10月15日に解散。

3年前の今日、解散したんですねえ。

まだ3年しか経ってないの…。

もう5年くらい経ってる感じしてた。

ラスト、武道館行きたかったなあ。

 

ボーカル、小山田壮平さんという方なんですけども。

この人の書く歌詞がすごく好きで。

仕事とかでクタクタで無になってる時、フッと出てくる曲があるんです。

 

なんだか疲れてしまったね

まいってしまったね

心の声は届かない

どんなに近づいても

 

シンガーって曲です。

この曲がフッと出て、ボロボロ泣くっていう。笑

 

上で2014年解散、と書きましたが、本当は2013年解散だったんです。

2013年、解散を発表した2ヵ月後に、ボーカルの壮平さんが橋から転落して重症を負い、約1年間活動休止状態でした。

そして2014年の武道館ライブで解散。

 

飛び降りだったらしいです。

生きてて良かったって思う。本当に。

 

わたしもよく死にたいと思う。

最近はあんまないけど。

絶望的な気持ちになって、なんか不安で。

死ねたらどんなに楽だろうと思ったり。

自殺なんてよくない!っていう人いるけど、そんな言葉届かないんですよ。

自殺よくないなんてわかってるって。でもそれ以外どーしたらいいのかわからない、という感じ。

 

andymori聞くと、この人達はわかってくれてる、って勝手に感じちゃう。笑

だからボロボロ涙が出るんでしょう。

 

君の喜びを僕が

君の怒りを僕が

君の悲しみを僕が

僕が歌うから

 

なんて歌われたら。

出会えて良かったです。

  

 

スピッツの恋のうたのカバー。

嬉しそうに、楽しそうに歌う姿がステキです。