ボロボロになる前に死にたい

無気力ひとりごと 音楽が生きがい スピッツベルゲン10年目

歌ウサギ

こんにちは。今日は雨。

むしむし。

 

スピッツの新曲、いいっす!

ヘビーメロウ

歌ウサギ

1987→

何回も聞いてる〜。

 

f:id:deresuke4690:20170716144149j:image

ジャケットのウサギボタンかわいい。

 

 

で、すごい“らしい”なって思った歌詞があって。

歌ウサギの『君の耳たぶに触れた感動だけを歌い続ける』って歌詞なんですけども。

草野さんらしいっていうか。

ほんとに独特な目線だなって。

耳たぶって柔らかい。わたし大好きです。

耳たぶって他の人の触ることってほぼないと思うんです。

よっぽど近しい人じゃなきゃね(・ω・)

だからたしかに、好きな人の柔らかいところ、普通他人が触れないところに触れたら感動するだろなって思う。とくに10代とかならね。

 

で、その前の歌詞

『「何かを探して何処かに行こう」 とか そんなどうでもいい歌ではなく』

どうでもいい歌、って言っちゃってる『何かを探して何処かに行こう』って、どちらかというと大人の考えに思えるのです。筋道の通ったというか。

で、『君の耳たぶに触れた感動だけを歌い続ける』っていうのは幼い気持ち。

すごく思春期感出てる。

 

スピッツのメンバーは今年でみんな50歳。

年齢を重ねてもそういう歌詞が書ける草野さんはスゴイと思う。

本当に感性が豊か、若い、というのか。

小さいころってだれでも面白い感性を持ってたと思うんだけど、大人になると頭かたくなってくよね。悲しいことだあ。

 

 

 で、ちょっと脱線。

歌ウサギのこの耳たぶフレーズ聞いた時に、思い浮かんだのが『仲良し』って曲。

もちろんスピッツです。

フェイクファーってアルバムに入ってるんですけども。

 『サンダル履きの足指に見とれた 小さな花咲かせた』って歌詞があって。

耳たぶの歌詞と通ずるものがあるなと思いました。

仲良し、はもう中学生くらいの恋愛な気がします。ほんとかわいい。

 こんなかわいい歌詞を書く大人の男性ってのがすごいよー。草野さん。

 

 

わたしも柔らか頭でいたいと思うのです。

ガチガチの大人にはなりたくないねー。

小さいときの気持ち忘れたくない。

そう思うアラサーでした٩( 'ω' )و