ボロボロになる前に死にたい

無気力ひとりごと 音楽が生きがい スピッツファン歴10年

僕はきっと旅に出る

これもスピッツの大好きな曲であります。

2013年にシングルで出て、アルバム『小さな生き物』にも入っております。

 

ここからまたわたしの勝手な妄想になりますが、これ、最初に聞いた時、

あ、『旅』ってツアーのことかな

と思いました。

この曲がいつ作られたのかはわからないけれど、2011年に震災あって、草野さんが体調崩して、ということがあったから。

2011年には、とげまるツアー、とげまリーナ。2012年にはゴースカと、ツアーやってるから、全然違うかもしれないけど。笑

震災後に作られたってことは確かだけど、まあ、わたしの妄想です。

 

最初の歌詞、

『笑えない日々のはじっこで 普通の世界が怖くて』

『笑えない日々』ってのは、震災後の日々のこと

『普通の世界』は、それほど被害がなく、震災前とあまり変わらずに生活できてる、そんな暮らしのことかと。

震災で苦しんでいる人がいるのに、自分は変わらずに生活できてる、それが怖い、申し訳ない、みたいなことかなと感じました。

 

 で、次の『君と旅した思い出』の『君』はライブに来てくれるお客さん、メンバー、スタッフ、とかとにかくライブに関わる人たち全般を指すのかな。

 

『僕はきっと旅に出る 今はまだ難しいけど』

今はまだ難しいけど、またきっとツアーにでるよ、かな?

難しい理由が、自分の体調なのか、世の中の状態なのかはわからないけど。

 

『星のない空見上げて 溢れそうな星を描く』

 『星のない空』は、元気のない人、苦しんでいる人の心。そこに、溢れそうなくらいの星=楽しいこと嬉しいかととか、キラキラをあげたい。みたいな?

 

で、長くなるので妄想はここまでにしますが、『僕はきっと旅に出る』を初めて聞いた時、泣いた!笑

勝手に都合よく解釈しただけかもしれないけど。

震災当時、宮城に住んでたもので。

 

ほんと、草野さんのかく歌詞って好き。

すごい才能。いろんな捉え方ができる。

スピッツの歌詞ってわけわかんないって言われること多いですが、それを勝手に妄想するのが楽しいんだな〜。

勝手に妄想して、さらに大好きな曲になっていくのです。